書くだけで気づけば行動に移してる未来ノートの話

土曜日に友人二人と石けん作りをしたあと居酒屋さんに移動して、女子会となりました.。
そこで、友人が過去ノートと未来ノートをつけているという話をしたんです。わたしも手帳を二冊つけているんですが、一冊はスケジュール帳として、もう一冊はやることリストを書く手帳として使っています。ごくごく普通の管理手帳です。


↑↑↑お土産にもらったチーズケーキの写真再び

友人のノートは、それとはちょっと違ってました。

過去ノート

過去ノートは簡単にいうと日記帳のようなものです。自分の好きなノートを買って、マスキングテープに月曜~日曜まで書いてあるのが売ってあるそうで、それをノートの上部にペターンと貼ってあとは空欄のまま。

その日あった書き留めておきたいことがあれば書いて、なければ無理に埋めようとはせず、空欄のページになっても気にしない。またあとで、そういえばこんなことがあったなあ・・・と書いておこうと思えば、あとで書き足すのもありで、ノートの書き方もラインがあっても気にせず自由に書く。細かいことを気にせず自由度をアップさせて、無理なく記録し続けられるノートにしているそうです。

未来ノート

もう一冊は未来ノート。こちらは、将来なりたい自分を書いているんだそうです。「こうなりたい自分の姿」や「つらいめにあって、あの人と縁を切りたい」とか思っていることも未来ノートに書いておくと、それがいつまでにそうなりたいと書いているわけじゃないけど、あとで見返してみると、あれも願いが叶ってる、これも願いが叶ってるって、なっていたそうです。

この未来ノートというのは、そういえばスポーツ選手がテレビで言っていたのを思い出しまして、ネットで検索してみるといろいろと出てきました。未来ノートの他に「夢ノート」と呼ばれることもあるようですね。

未来ノートの書き方は、

  • 自分のなりたいと思っていることを、たくさん書きだす
  • こんなの無理だから・・・と自分に制限をかけずに自由に書き出す
  • 〇〇をやりたいと書かずに、〇〇をやる!と書く

などなど、書き方のポイントはいくつかあるようなので、興味のある方はネットで検索していただくとして、わたしの友人の場合の書き方としては、もっとゆるいものでした。

過去ノートも未来ノートも居酒屋さんのメニューをノート替わりに広げながら、「ここにはこう、ここにはこう・・・」とめっちゃ説明してくれたんですが、書いて見返してまた書き足すところは同じですが、こんな書き方じゃないといけないとかそこまでは気にしていないようでした。自分の書きやすい方法を優先させています。

未来ノートは、なりたい自分を書き出すことで、そうなるにはどうすればいいかを考えることができます。でも、イメージを持ってただ待っているだけでは、なりたい自分には近づけないので、イメージした自分になるためにはどうしたらいいんだろう?って動くことが大切になります。でも、すっごく意識しているわけじゃなくても、ノートに書きだすことで、気が付くと動き出してたみたいなところがあるそうです。

これはわたしもよーーくわかるんです。わたしはノートに書きだしたわけじゃないですが、前職についていたときに、仕事に不安を抱えていて少し先の未来を想像してみたんですよ。そしたら、この道じゃないな・・・と。それで違う道を探しはじめていました。次の仕事がおそらく最後の仕事になると思ったので、それなら好きなことを仕事にしたい。それが趣味の石けんから仕事としての石けん作りのきっかけになって、気が付くとわたしも動き出していました。

あれは今思い出しても不思議な瞬間で、エネルギーがそっちに向いちゃうと止まらないんですよね。はじめて何かをするときって、失敗したらどうしようとか、恐れが出て来て進めなくなりがちですが、それがそのときはエネルギーが思いのほか強くて、恐れに勝っちゃった!みたいなかんじでした^^

やることリストからちょこっと先の未来ノートをプラス

わたしがつけているノートは二冊は、一冊が「やることリスト」で、その日にやることや、少し先ににやらなければいけないことを書いています。

最初は仕事でやることだけを書いていたのですが、気づけば仕事と関係ない「みりんを買う」とかも書いてあります。みりんも買って帰りたいんですけど、それは別のメモに書くことにして、やることリストにはそれとプラスして、少し先のなりたい自分の姿を書いておこうと思います。

何か月か先の目標は一応手帳には書いているんですが、実現しなさそうだな・・・と思うと見るのやめてしまうんですよ。あきらめの早い弱い自分が出ることが多々あるんで^^

それでも友人から刺激を受けてですね、まずはそんなに遠くない1年後工房がどんな風になっていたいか思い描いて、半年先、3カ月先の近い未来の目標もう一度キチンと立ててみるところからもう一度はじめてみようと思います。それも早速今日から。

小さな達成をコツコツと積み上げていく、これが今のわたしサイズの未来像に近づける方法のように感じています。でも、ひとりじゃまた弱い自分が出てきそうなので、ノートが気になる方は、ご一緒にぜひどうぞ^^

日記

Posted by Settla Green