片言の英語ででも接客できるとカッコイイのに。

こんばんは、セトラグリーンです。

手作り石けんのイメージ画像
手づくり石けんの種類も増えました。

最近、観光スポットでなく街中でも、毎日外国人の方を見かけますね。コンビニの店員さんのほとんどが外国人の方というお店もあります。実際に話をする機会ってそうないんですが、今日、近くの郵便局に行った帰りに外国人の方に道を尋ねられました。

「道に迷ってしまいました。」
「ここに行きたいです。」

そう言って見せてもらったスマホの画面には行先の住所が載っていて、それが工房のすぐ近くの住所だったんです。

「ほぼ近い。」

道に迷った外国人の方はタイとかそっちの方だと思うんですけど、日本語が上手で、話してるわたしの方が片言の日本語みたいになってました^^

何丁目まで同じですぐ近くのはずなのに、書かれているビルの名前を見ても全然ピンとこないことってあるんですね。近くだから一緒に行ってみたら、ちゃんとビルの名前が出ていたのですぐにわかったんですけど、わたしも工房付近の通りの名前もまだあまりわかっていないこともあり、道案内が苦手です。道を聞かれたびに、近所の地図がほしくなります。

今日は日本語が上手な方だったんですけど、日曜日にハーバーマーケットのイベントに出店したときに来られた外国人のお客さんには、英語で話しかけられました。英語と言っても極々簡単な英語できかれるので、聞き取ることはできるんですが、わたしが答えられないんですよね。

バームに興味を持たれて「For skin?」ってきかれて、「Yes」と答えたあとのことばがもう続かないんです。他の部分にも使えることを伝えなきゃと、「毛先ヌリヌリ、爪ヌリヌリ」って、もうジェスチャーゲーム状態でした。それでもちゃんと伝わってましたよ。

でも、「cash only」はダメだったみたいです^^

スキンバームのイメージ画像
外国のお客様も気になるスキンバーム

見に来てくださるお客さんって、もう日本人だけとは限らないんですよね。石けんのことで聞かれることってだいたい想定できるので、それについての受け答えぐらいはちゃんとできるようになりたいと思いました。

元町商店街に有名なお茶屋さんがあるんですが、そこのお店の方、年配の女性の方だったんですが、英語でやりとりをしているのを以前見たことがあるんです。日本語の発音そのままだったので、流暢な英語とは程遠いですが、堂々としていてカッコよかった印象があります。

まずはそんなかんじで・・・。

外国人の方も一生懸命、日本語の勉強をしているんですからね、わたしもイベントのときにまた外国の方に接客する機会があれば、片言の英語ででも説明できるようになりたいなぁ・・・なんて思います。やりたいことはいっぱいあるんですけど、なかなか進みませんねぇ・・・。

とにかく頑張りましょう^^

では、最後にお知らせです。
神戸阪神間の人気ショップが集まるイベント「神戸さんぽ×そごう神戸店」が、10月17日~30日まで開催されます。このイベントにバルカフィオーレさんが、10月24日~30日までの7日間出店し、セトラグリーンの石けんも取り扱っていただくことになりました。

バルカフィオーレさんは、「植物の香り」をコンセプトに香りを身近にたのしむライフスタイルを提案されていて、オリジナルのボディジェルの開発もされています。香りのプロの方なので、調香される香りもわたしが石けんに使う香りとは違い深いです^^

バルカフィオーレさんのブースは、新館6階下りエスカレーター前のイベントスペースです。
三宮にお出かけの際には、ぜひお立ち寄りください。お待ちしております。

 

日記

Posted by Settla Green