心待ちにしているカレンデュラの石鹸とラグビーワールドカップ

こんにちは、セトラグリーンです。

突然ですが、今わたしが心待ちにしているものといえば、カレンデュラの石鹸が熟成期間を終えることと、秋に開催されるラグビーのワールドカップです。

黄色いカレンデュラの石鹸イメージ画像
熟成中のカレンデュラ石鹸

わたしは自分では全然スポーツはしないんですが、見るのはなんでも好きで、NHKのサンデースポーツは好きな番組です。そのサンデースポーツに一人の選手を追っていく特集があるんですが、この前の日曜日は、ラグビー日本代表のキャプテン、リーチ マイケルでした。

リーチさんはニュージーランドの出身で見た目は外国人なんですが、心は日本人より日本人らしいというか(日本国籍をとっているから日本人なんですけど)、ギラギラとはしてないんですが(たまにそういう人みかけますけど)、静かに闘志を燃やしているところ、そう見えるところに共感してしまいます。

リーチさんは番組の中で、ワールドカップでは勝ちたいだけではだめなんだと、その先をみていなければいけないと言ってたんですね。

それを見て「わかるわ。リーチ」と、心の中でつぶやいてしまいました(笑)

わたしは石けん屋さんとして一年やってきたんですが、最初は趣味として作っていた石けんを化粧石鹸として作りたい、販売したい、だけではじめてしまって、その先にいるお客様に届けるまでのことをちゃんと見ていなかった(見ようとしていなかった)んです。そこは深く反省するところで、作りたい、販売したいだけじゃだめなんだと、それに気づいたのが、去年の12月・・・。

一年かかってしまいました(涙)

石鹸とオレンジ色の花びらの画像
黒糖カレンデュラの石けん

去年の12月のクリスマス前、バルカフィオーレさんと院生さんの3人で淡路島のカレンデュラ農園に行ってきたんですが、いいものを作って、届けようとして、そのための努力もたくさんして、それでもなかなか届けることができないカレンデュラの農家さんと、それさえまともにできない自分との違いに気づきました。

これは切腹ものかもしれない・・・と、やらないですけど、それぐらい意識の違いがあったんですよ。

「リーチ、ほんまそうやねんてー。」
って、会って話したい心境になりました。

最近、人のことばがよく響きます^^

話がよく脱線してしまうのでラグビーの話に戻しますが、前回のワールドカップ、あれはすごかったですね。ああいう世界レベルの大会って、拍手を送りたくなる場面がどのスポーツにも同じぐらいあるもんなんですけど、前回のラグビーはそれを超えていて、あまりにすごすぎて「なんなん?この人ら」って、震えるほどに感動してしまいました。

あれは、ホントにすごかったです。

感動を期待しているみたいでそれもちょっと変なんですけど、どんな試合を見られるのか今から楽しみでなりません。大会はまだ半年ほど先なので、それまで、わたしはわたしのできることで頑張ってみようと思います。

ということで、最後はまたまたお知らせでございます。

3月30日(土)、31日(日)に神戸御影マルシェに出展することになりました。
場所: 神戸市立御影公会堂
時間: 30日 11:00~19:00、31日 11:00~18:00

アクセサリーや雑貨の有名クリエイターさんが御影公会堂に集まります。わたしは、淡路産の無農薬カレンデュラを使ったできたばかりの石鹸をマルシェに持っていきます。

宝探しのような気分で素敵なアイテムを探しに来てくださいね。
お待ちしております。

日記

Posted by Settla Green