新しい年からはじめる、石鹸ではじめる、足りない分だけ補う素肌づくり

こんにちは、セトラグリーンです。

2020年はどなた様にとっても激動の年だったと思いますが、

来年はどんな一年になるのかなぁーー。
どんな一年にしたいかなぁーー。

そんなこともそろそろ考えている頃ではないでしょうか?

最近、よく目にすることばが、
「どうありたいか。」
「何を望むのか。」
という自分への問いかけ。

価値観や常識が大きく変わりそうな2021年以降、
これまでよりもよりハッキリと持つことが大切になってきますね。

で、そんな新しい時代、新しい年のはじまりに向けて、
足りない分だけを補って満足が得られる肌を目指す、
スキンケアの見直しをはじめてみませんか?

と、今日はそんなお誘いです^^

肌タイプはいろいろあるけれど

・乾燥肌
・普通肌
・オイリー肌
・混合肌

化粧水などの基礎化粧品はそれぞれの肌タイプにあったものを選ぶ必要がありますが、何もない状態、スタート地点は唯一合わせることができます。

石鹸は、汚れはスッキリと洗い落すけど、必要な皮脂まで落とすことがない。
なので、肌のバリア機能は保たれ、それぞれが持っている本来の機能を最大限に活かすことができるんです。

ということは、肌に合うタイプの基礎化粧品を足りない分だけ補うスキンケアが可能です。

1個の石鹸からスキンケアは変えられる。

これが、わたしが思う理想のスキンケアです。
ここを推すのには理由があります。

化粧品には、製造後3年は品質が保たれるようにという決まりがあり、品質を保つための成分が何かしら入っています。

防腐剤です。

1つの化粧品にはその化粧品の安全性が確認された量の防腐剤が入っています。
2つ目の化粧品にもその化粧品の安全性が確認できるだけの量の防腐剤が入っています。

3つ目、4つ目・・・・。
使う品目が増えると、それだけ防腐剤の量が足し算になって増えていきます。
化粧品は毎日使うものだから、積み重なった量の防腐剤を長期間使用した場合の肌に及ぼす悪影響の可能性は否定できません。

肌につけるものは基礎化粧品だけでなく、ファンデーション、UVケアなど他にもいろいろあります。

1回の防腐剤の量は少しでもアイテム数と年数でいくらでも増えていきます。

土台となるお肌の機能を十分に活かすことができたら、
足りない分だけを補うだけで大丈夫。

見た目シンプルだけど、たくさんのこだわりがこの中に【ユキノシタ石鹸】

ということは、使用するアイテムは少なくていいので、
防腐剤の量も少なくなります。

石鹸で潤いを残しながら洗うことで、それぞれが持つ肌本来のチカラを引き出すことができ、バリア機能は保たれる。

それがトラブルが起こりにくい肌。
ここがスタート地点です。

乾燥肌の人、普通肌の人、オイリー肌の人、混合肌の人、スタート地点はみんな一緒です。
そこから、肌タイプに合う基礎化粧品を使う。
使用するアイテムを少なくしても満足が得られるスキンケアを目指す。

途中、肌タイプによって進む道は違っても、
目指すゴールは一緒です^^

すべては肌本来のチカラを引き出すところからはじまります。
それは、1個の石鹸からはじめることができます。
2021年、新しい年からはじめてみませんか?

セトラグリーンの石鹸は、オンラインショップからご覧いただけます。
▼1,000円以上のご注文、クリックポストご利用で送料無料でお届けします。
セトラグリーンのオンラインショップ

ではでは。