淡路島カレンデュラの価値を上げる大作戦になれるかな?

こんにちは、セトラグリーンです。

今日は午前中に須磨区のカフェKu-u-kanさんに行って、お届け物&お商売のお話しなどをしてきました。

大きな窓のあるKu-u-kanさんの2Fのカフェスペースは、いつもポカポカ。
冬もお気に入りのアイスオーレをいただきます。

Ku-u-kanさんオリジナルカレンデュラのスイートポテト

アイスオーレの横にあるのは、カレンデュラの花びら入りのスイートポテト。
カレンデュラの花びらは熱を加えても色鮮やかなオレンジ色はそのままです。

窓際にカレンデュラの花が飾ってあったんですが、写真撮ってくるの忘れました。廣田さんのカレンデュラと同じ八重のむらじという品種だったので、おそらく淡路島で栽培された他の農園のものです。

Ku-u-kanさんのお知り合いの方が届けてくれたそうなんですが、とても安かったんだそうです。実はわたしも、その前日にカレンデュラ(キンセンカ)がお花屋さんで売られていたのを見たんです。いくらかな?と思って値段を見てみると、5本で150円。

やっぱり安い値段で売られていました。

花農家さんってホントに大事に大事に花を育てていて、その背景を知ると、5本150円の花の原価はいくらなんだろう・・・って切なくなります。

淡路島の花農家さんは年々減少しているんです。
休みなく働いてお花を育てるよりもパートに出た方が儲かるのが理由で。

廣田農園さんの無農薬栽培の取り組みは、花の価値を上げてしんどいだけの花農家からの脱却して淡路島の花農家を守る、その取り組みでもあるんです。

2020年:淡路島カレンデュラの花摘みの様子

春が近づいてカレンデュラの花が咲くころになると、自分にもっとチカラがあればもう少し助けることができるのに・・・って思う。

毎年この繰り返し。
でも、今日はいつもよりちょっとだけ頑張りました^^

石鹸に興味を持っていただいたショップ様からメールが届いたんです。わたしは自分からの営業はできないんですけど、来たものに対しては紹介できるので、メールで返信したあと、「カレンデュラの石鹸をサンプルでお送りするので、一度使っていただけますか?」って電話したんです。
#今日だけ営業マン

「ぜひにーーーー。」という返事をいただいたので、神戸学院大学の学生さんが作ってくれた廣田さんのリーフレットと一緒に送ります。

条件とかその他モロモロ合うかどうかわかりませんが、もしうまくいけば、かなり遠くまで廣田さんのカレンデュラを届けることができます。

上手くいったらお知らせしますね。

今年のカレンデュラが去年よりも一歩でも二歩でも前に進めるように。
周りの人と協力しながらできることを頑張ります。

イベントのお知らせ
□コレクトひょうご
2021年3月17日(水)~23日(火)
場  所:川西阪急 1階 催事場
営業時間:10時~20時

□五つ星ひょうご内覧会・販売会
2021年3月26日(金)
場  所:神戸サンボーホール1階、2階 大展示室
内 覧 会:10時~13時15分(マスコミ、バイヤー等)
販 売 会:13時30分~15時(一般の方)