自由を不自由だと感じなくなりはじめた石鹸屋さんの話

2021年8月20日

こんにちは。
セトラグリーンです。

今日は石鹸とは全然関係ないひとりごとです。

「できない理由を探すよりできる方法を考えよ。」と言われますが、わたしも石鹸屋さんをはじめた当初わからないことだらけでしたので(今もかなりありますが)、できない理由を考えてしまうことがよくありました。

オーガニックカレンデュラのスキンケアオイルとバーム

わたしは前職では、機械図面の製作図を描く仕事をしていました。モノづくりをするときにはまず全体計画図という装置全体を考える技術者さんがいるんですね。で、全体計画図だけでは、製造メーカーさんが部品を作ることができないので、計画図からひとつひとつ部品をバラバラにして詳細図という図面をおこしていくんです。わたしはその詳細図や組立図を描く仕事をしていました。

詳細図には、鉄板の板厚、パイプのサイズ、ねじ加工、穴開け、溶接を指示していくんですが、それらの表記の仕方は、全部JIS、わたしのときは日本工業規格って言ってたんですけど、今は日本産業規格に名称が変わっていますね、そのJISで決まっていて、それが絶対でした。

「絶対なんて世の中にはない!」っていう人がいますが、
わたしにはありました。

あとミスミとかね。ミスミは2,000万点以上の機械部品を取り扱っているメーカーさんなんですけど、そこも絶対的な信用があって、まずはミスミで部品を探すのが当たり前っていうのもありました。

とにかく、誰でも間違いなく製品を作ることができて、部品の手配ができる図面をJISにならって描くというのがわたしの仕事だったんです。

たまに、「それJISの何番ですか?」
ってきかれることがあったんですけど、
「JIS B ○○〇〇 番です。」って答えられたらセーフなんですよ^^

わたしが答えをもっているんじゃなくて、JISが答えをもっていました。

なので、起業して飛び込んだJISに縛られない自由な世界は、わたしには不自由な世界でした。

起業してわからないこと、できないことを、
「いやーーー、それJISに載ってませんもんねーーー。」
といったところで、
「ほんとですねーーー。載ってないから仕方ありませんよね。」
と笑って返してくれる人もなく。

ただただ途方に暮れる・・・・。
ということがたくさんありました。

何もないところから自分で考え出すということを、これまでしてこなかったし、できなくて、一緒にお仕事をしてもらっているデザイナーさんが生み出す自由な発想は、わたしにはただただ尊敬でしかありませんでした。

ですが、最近のわたしはちょっと違っておりまして^^

12月にラブディエンさんでポップアップの2回目をすることになったんですが、次はラブディエンさんのオリジナルの香りのバームを作ろうとか、去年まであんまり考えてこなかったクリスマスギフトも準備してみようかなとか、自由な発想を手にいれつつあります^^

脱炭素より先に、わたしの場合は、脱JISですが、
工房をはじめた頃より自由を知った気がします。

ということで、ただのひとりごとにお付き合いくださいましてありがとうございます。

最後にまたまたお知らせですが、
8月18日(水)から24日(火)まで、川西阪急3階スロウデイズさんでポップアップショップを出店しております。

開催中のポップアップショップ【川西阪急スロウデイズ売場】

こんなかんじで開催中!!

出店場所のすぐ横には出入口があって常に扉はあいています。
換気はすごくいいです。

安心してお越しいただけますので、
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

□川西阪急ポップアップショップ
期間:2021年8月18日(水)~24日(火)
場所:川西阪急3階スロウデイズ売場

日記

Posted by Settla Green