はじめての催事出展は、ディスプレイもカレンデュラ推しでいきます。

こんにちは、セトラグリーンです。

はじめての催事出展「神戸さんぽ×そごう神戸店」は、本館一階に決まりました。二つのショップで用意されたスペースを使うのですが、ショップさんによっては商品数が多いところと少ないところがあるので、スペースを完全に半分ずつにしなければいけないわけではないそうです。

新発売の2種類のカレンデュラ石鹸

わたしのお隣のショップさんは常連さんのようで商品数もたくさんあるんですが、前回そのショップさんが出展されたときに一緒だったショップさんは商品数が少なかったので、広めにスペースを使っていたそうです。

それで神戸さんぽの担当者さんが、前回の催事も担当されているのでその経緯を知っていて、わたしのところの商品が石鹸ということでモノ自体が小さいので、「スペースを埋めることはできますか?」と、きかれたんです。

もしスペースを埋めることができないようであれば広さの調整をしますよ、ということだったんですが、自己主張をあまりしないわたしですが、ここに関しては「スペースはあるだけ全部使います。」と言ってきました^^

なので、使えるスペースは平等に半分ずつ。
そしたら、結構なボリュームが必要になってくるんですよね。

どうやって埋めましょうか・・・って話ですが、神戸さんぽのディスプレイは、パッケージをお願いしているデザイナーさんが一緒に見てくれることになっています。説明会にも一緒に行って現地確認をしてもらったんですが、あれはお願いして正解でした。そうじゃなかったら什器選びから困るところでした。

お隣に出展するショップさんは常連さんなので、担当者さんとの話も什器の手配を含めても、ものの5分ほどで終わりそのまま帰られたんですが、あまりにテキパキと決めてしまって、いったい何の話をしているのかわたしにはさっぱりわかりませんでした(泣)

わたしの表情から察してか、担当者さんも現地を見てみないことにはわからないと思うのでと、一階の出展場所まで案内してくれました。そこで什器の名前を教えてもらったあと、什器の選定は後日連絡してもらえればいいですからと言われ、わたしとデザイナーさんだけその場に残り、何をどこに置くか寸法を測りながら決めていったんですが、デザイナーさんはやっぱりすごいですね。

その場ですぐにいくつかアイデアを提案してくれました。その中に木の枝を使うというのがあって、わたしが楽しみにしているんですが、皆さまにも見ていただきたいです。かわいくて素敵なんです^^

1つひとつ手摘みしたカレンデュラ

ということで、神戸さんぽは、そごう神戸店に来てくださるお客様が楽しくお買い物をしていただけるワクワク感を、廣田農園さんにはカレンデュラを知ってもらえる機会を、そして神戸さんぽの担当者さんには一階をわたしのところにしてよかったと思ってもらえるように、そしてわたしの作る石鹸もたくさんの方に知ってもらえるようにと、すっごく欲張りですが、そんなかんじの出展にしたいと思っております。

神戸さんぽまで残り21日。
準備頑張ります!