神戸さんぽの続きと情報誌に紹介してもらったこと。

こんばんは、セトラグリーンです。

11月13日から19日まで出店していた『神戸さんぽ』の続きです。
神戸さんぽの最終日、淡路島でカレンデュラを栽培している廣田さんと一緒に栽培を手伝っている国賀さんが神戸阪急の出店場所に来てくださいました。

神戸阪急の出店については前回、淡路に行った際にお話ししているんですが、詳しい日程は言ってなかったんです。淡路からだと遠いし、日程をきいたら調整して行かなければと思わせてしまうのもなんだなぁ・・・と思って、あえて言わなかったんです。

神戸さんぽの最終日の前日の夜になってから、「こんなかんじで出店してました。」と画像を送ったんです。急な日程調整は無理だろうと判断してそうしたんですが、そしたら、「神戸阪急はいつまでですか?」ってきかれて、次の日が最終日だと伝えたんですが、「明日の朝行けそうなら連絡します。」とい言われました。

そして翌朝、「午後から行けそうです。」とまた連絡が入って、最終日に来てくれたんです。こんなに慌てさせるぐらいなら、余裕をもって連絡しておくべきでした。

出店日を連絡しなかったのは、今月のはじめになるんですが、淡路島で廣田さんがイベントに出店した際に、わたしの石鹸も一緒に販売してもらったんです。

その前にも販売をしてもらったことがあって、わたしと一緒に仕事をして楽しいと思ってもらえるようになりたいと思っているんですが、今はまだわたしの方が助けてもらっていることが多くて。

それで、わたしばかり負担をかけているような気がして、遠慮して言えなかったんですけど、伝えるだけ伝えて、あとは廣田さんの判断にお任せする、それでいいんだと思いました。次から連絡だけは早めにしようと思います。

淡路産カレンデュラを使った石鹸【SUISOAP】のパネル

画像のパネル↑↑↑
廣田さんと国賀さんがデザイナーさんが作ってくれたこのパネルを見るなり「自分たちが作っている花がこんな風になるんやねーーー。」と喜んでくれました。

見てもらえてよかったです。

廣田さんはお花を栽培する技術もすごいし、努力家で、優しい方なんです。
なので、淡路島のカレンデュラをもっと遠くまで届けられる力がわたしにあればいいのにと思うのですが、今日は嬉しいことがありました。

地域情報誌を発行しているシティライフさんが、「City Life」阪神・神戸版にセトラグリーンを紹介してくださって、今日その掲載誌が工房に届きました。

記事が大きく、丁寧に紹介していただいています。
カレンデュラの石鹸のことも載せていただいています。
web版からもご覧いただけますので、こちらからご覧ください。
City Life 12月号web版
P3に載ってます^^