日焼け止め対策はサンケア指数と生活シーンのマッチングと保湿ケア

こんにちは。
セトラグリーンです。

今日も暑いですねーー。
皆さん日焼け対策は、ばっちりできてますか??

先日、ドラッグストアにたくさんの日焼け止めが並んでいるのを見たんですが、
SPF50+ ++++」という商品がありました。
日焼け止めの最強シリーズなんだそうですよ。

確かに最強かもしれない。
でも、+(プラス)多すぎ。

ということで、
今日はサンケア指数(SPA・PA)について書いてみようと思います。

日焼け止めに書いてあるサンケア指数とは

わたしは会社員をしながら化学の専門学校に通ってたんですけど、実験の授業でサンケア指数についても勉強しました。ほぼ毎週実験があったんですーーー(遠い目)。

で、日焼け止めに書いてある「サンケア指数(SPF・PA)なんですが、これは、UV(紫外線)ケア化粧品のお肌に影響を及ぼす紫外線(UV-A、UV-B)を防ぐ効果をわかりやすく数値化したものです。

さらに分解していきますね。

SPFとは

SPFは、UV-B防止効果を示す数値で、赤くなってヒリヒリする日焼けが起こるまでの時間を何倍にのばせるかの目安です。

たとえば、何にも塗っていない状態の普通肌の人の場合、約25分で日焼けで皮膚が赤くなると言われてるんですが、その人がSPF30(わたしが持っている日焼け止めの指数)を使ったとして計算すると。

25分×SPF30=750分(12.5時間)

何も塗らなかった場合と比べると、約30倍(12.5時間程度)肌が赤くなるのを防ぐ目安になります。SPFの後ろの数字は何倍であるかを表しているんですね。

PAとは

PAは、UV-Aを受けたあと、2~24時間に生じる皮膚の黒化を+(プラス)の数で表しています。
+の数は最大で4個。
効果の度合いは次の通りです ▽▽▽

PA+ ・・・・ 効果がある
PA++  ・・・・ かなり効果がある
PA+++ ・・・・ 非常に効果がある
PA++++ ・・・・ 極めて高い効果

日焼け対策は保湿とセットで

日焼け止めを選ぶ場合は使用する場面ですね、お散歩やお買い物などの日常生活で使うのか、それとも、海や山などの炎天下でのレジャーで使うのか、生活シーンに合わせてSPFとPAの組み合わせで選びます。

とは言っても、ドラッグストアには、
「SPF50 +++」や「SPF50+ ++++」の高い指数のものが多いです。

SPF50は、海や山でのスポーツやレジャー、SPF50+は、海外リゾートなどの紫外線の強力な場所を想定しているので、普段使いであれば長時間直射日光を浴びるわけではないので、そこまでブロック力の高いのものでなくていいと思います。

店頭にはSPF50の日焼け止めがでーーんと並んでいますが、そこから少し外れた端っこの方に子ども用とかでSPF30やそれ以下のものもありますので、お肌が弱い方はそういうのを選んでみてはどうでしょうか?

長く使っているとお肌にも負担がかかりますしね。

日焼け止めを塗る以外にも夏の肌には大切なことがあります。
それが肌の水分量。

肌の水分量が高ければ、極端に日焼けしすぎることはないですし、日焼けしたとしても元に戻るのが早いです。なので、乾燥しない肌をキープすることも日焼け対策のひとつになります。

5年、10年先も健康的な美しい肌でいるためにできることです。

ということで、今日の話題は以上です。
ではーーー。

▷ 日焼けしたお肌のケアに【カレンデュラオイル配合の高保湿化粧水】がおすすめです。