淡路島の廣田農園さんで花摘み体験

こんにちは、セトラグリーンです。

先週の木曜日、淡路島の廣田農園さんで花摘み体験をしてきました。その2週間ほど前にも淡路島に行ってきて、そのときは廣田さんが花摘みをしている様子を撮影してきました。このときは花の摘み方を教えてもらって、ちょこっとだけお花摘みをしたんですが、お花摘み体験の参加者さんとしてお花を摘んだのは、今回がはじめてでした。

一緒に行ったのは、遊石鹸工房の由美子さん。
同業者さんです。

同業者さんというと、敵対視されて、奪い奪われるこわい存在・・・みたいなイメージがあったんですけど(笑)、そうじゃなくて。

わたしが工房をはじめてすぐぐらいに工房に来てくださって、それからは、わたしがわからないこと、疑問に思ったことなどをメールで相談したりしていました。去年秋の催事出店のときは、売り場に立って、販売までしてくれました。

廣田農園さんのことも、淡路島に無農薬でカレンデュラを栽培している人がいるってことでお話ししたんですが、そのときも「国産のカレンデュラが、それも地元にあるってすごいことなんだよ。」って喜んでくれました。

そんな方だから、廣田さんがカレンデュラにかける想いとか絶対にわかってくれると思ったし、廣田さんにも直接会ってほしいと思ったんです。それで、去年の秋ぐらいにカレンデュラが咲いたら、一緒に花を摘みに行こうと約束をしていました。

それで行ったのが先週でした。

廣田農園さんのカレンデュラ畑

晴れていたかと思えば、急に強い風が吹いてきて、そのあと雨が降り出したり、またお天気になったりと、天候が急に変わってその点はちょっと大変でしたが、天候に負けずたくさんの花を摘むことができました(笑)

左がわたし、右が由美子さんが摘んだカレンデュラ

ハーブティーとして飲むことはもちろん、サラダの彩りにも使えるし、カレンデュラオイルを作ってバームに仕上げることも、石鹸に入れることも。

アイデア次第で使い方いろいろです(笑)

お花摘み体験参加してみませんか?

国産のハーブは、輸入品と比べると高価です。
ですが、比べてみると一目瞭然。
品質が全然違います。

でも、知らなければわからない。

その価格がただ単に高いだけのものなのか、実際に淡路に来て畑を見て欲しい、花を見て判断してほしいと廣田さんは言われます。

花摘み体験をはじめられたのも、そんな理由からです。

わたしも廣田さんの作るカレンデュラの品質や、花に対する想いをたくさん見たりきいたりして、知ることができたので、もっとたくさんの方に知っていただきたいというのもありますが、花畑の風景は今の時代だからこそ守らないといけないものだと感じていて、今はこちらの部分が大きいです。

知れば知るほどに・・・ですね(笑)
わたしもたくさんの方に廣田さんのカレンデュラを見てほしいです。

廣田さんのカレンデュラは一輪の花がとても大きい。

廣田農園さんでは、花摘み体験の参加者さまを予約を受け付けています。
ご希望の方は、↓↓↓からお問合せください。
https://www.facebook.com/hirotanouen/

よろしくお願いします。

日記

Posted by Settla Green