嬉しいを届ける手作り石鹸のこと。

こんにちは、セトラグリーンです。

早速ですが、今日は石鹸作りについて書いてみようと思います。

石鹸は奥が深い。
石鹸作りをしていて思います。

定番のユキノシタ石鹸

わたしの石鹸作りは趣味として作ったのが始まりでした。

一番最初に作った石鹸は石鹸教室で作ったもので、オリーブ油、パーム核油、パーム油の3種類のオイルで作った無地のシンプルな石鹸でした。

石鹸は、オイルと水、水酸化ナトリウムをボウルに入れて泡だて器で混ぜ、型に流し込み、カットして乾燥させると出来上がります。

オイルは1種類だけでも作ることができます。

例えばオリーブ石鹸は、オリーブオイルと水、水酸化ナトリウムのだけで作ります。できあがった石鹸は肌に対して刺激が少なく、しっとりとした保湿力の高い石鹸になりますが、その反面、溶け崩れがしやすく、泡立ちもよくありません。

なので、何種類かのオイルを組み合わせた石鹸が一般的です。

わたしが石鹸教室で作った3種類のオイルを組み合わせて作った石鹸が基本の石鹸です。基本の石鹸が作れるようになったら、次はオイルの配合を変えてみたり、オプション材料を入れてみたりして、自分の石鹸を作っていきます。

「自分の石鹸」はオイルの配合やオプション材料の組み合わせだけじゃなく、これどうやって作っているんだろうと思うようなこりに凝ったデザインの石鹸を作る人もいます。

石鹸作りは材料を混ぜるだけなので、難しいものではないんですが、それぞれ自分の石鹸を作っていくうちに多くの人が石鹸作りにはまっていきます。

わたしもその一人でした。

趣味から始まった石鹸作りが化粧品の製造販売業許可を取り、今では小さいながらも化粧品メーカーになりました^^

わたしはデザインに走ることはなく、見た目もナチュラルな石鹸です。
こだわっているのは、オイル配合とオプション材料。今、試作の石鹸を作っているんですけど、それもオイル配合にこだわっています。

石鹸って使ってみると本当によくて、肌がつるんとスベスベになるんです。
乾燥しなくて次の日もスベスベ。
自分の手を触ってみてスベスベだと嬉しくなるんです。

小さな嬉しいを見つけるって、今の何となくみんなが不安に感じる時代にとても大事なことだと思っています。

小さな嬉しいも毎日の生活の中からいくつか見つけられたら大きくなるし、そういうの何かいいなぁーーと去年からずっと考えてました。

わたしも石鹸を通じてひとつ届けられると思ったんですね。
石鹸っていいなぁーーーってことをもっとたくさんの人に知ってもらいたい。

それで今、めっちゃ使いたいと思ってもらえる石鹸の試作中です。

昨日、ブログの更新の頻度を上げるというのを今年の目標と書きましたが、石鹸で小さな嬉しいを届けるのも今年の目標です。

まだ型から外せてないんですけど、なかなかいい石鹸になると思っています。


イベント情報などは、
公式LINEでお知らせしています。

登録よろしくお願いします。
友だち追加