香りの確認は綿棒を使って簡単に。

朝夕涼しくなり、ずいぶんと過ごしやすくなってきました。これからしばらくは、手作り石けんも作りやすい時期が続きますね。

手作り石けんを作るうえで大切な要素はいくつかあり、石けんの使い心地はもちろんですが、香りも大切な要素のひとつだと思います。わたしはハーブのスッキリとした香りが好きなので、香りのブレンドにはクラリセージやラベンダーをよく使っています。手作り石けんは香りが飛びやすいところがありますが、クラリセージ、ラベンダーは共に香りの持続性がある使いやすい精油で、お互いの相性もいいんです。

ラベンダー:3
クラリセージ:2

の割合でブレンドしていますが、ここに柑橘系の精油を加えることもあります。オレンジまたはベルガモットを1加えてると、少しかわいいかんじになります。

わたしがブレンドしたときの香りの確認の仕方は、小型のビーカーにブレンドしたい精油の滴数を入れ軽く振ったあと、綿棒をビーカーの中に入れ精油を吸わせています。香りの確認はその綿棒でします。

香りは時間とともに変化していくので、ビーカーの中に綿棒を入れたまま机の上に置き、時間をおいて香りの変化の確認もしています。

香りの確認の仕方は、ムエット(香りを試すための紙)があればもちろんそれを使えばいいですし、画用紙を細く切って代用することもできますね。でも綿棒なら100均に行けばたくさん入っているのが買えますし、とにかくすぐに始めやすいんです。

わたしは今、神戸市中央区で石けん工房を作っているところでして、やらなければいけないことがたくさんあります。(あるわりには、あまり進んでいませんが。)そこで自分の中でテーマを決めているんですが、それが

何かしら動いて、やれることをとにかくやる!

です。かなりざっくりしていますが・・・。
わたしも香りの勉強はこれからもっとやらなけれがいけないので、あれこれ揃えてというよりも「すぐに始められる方法」を大切にしています。それが、香りのブレンドでいうところの「綿棒」なんですね。

ぜひ、お試しを