大人敏感肌の方に手作り石けんを届けたい

手作り石けんの工房を開くことになってから、いろいろな契約をすることが増えました。

不動産契約、内装工事の契約、火災保険の契約などなど。契約内容として「何を始められるんですか?」ってきかれて、「手作り石けんの工房を作るんです。」と答えているんですが、一回で話が通じることはまずないです。

だいたい「設計ですか?」ってなるんで、「身体を洗う石けんを作るんです。」って言うんですが、そのあと「石けんですか・・・」って少し間があきます。

契約の話をしたの男性ばかりだったんですが、男性に限ってみると「手作り石けん」の認知度はまだまだのようです。

その点、女性はやはり関心を示してくださる方が多いです。特に、合成界面活性剤、人工香料、防腐剤、合成着色料無添加ということで、肌の弱い方は関心を示して下さいます。

最近、こういうことがありました。

物件の契約をお願いした不動産屋さんに何度か通っているうちに世間話もするようになったのですが、そこで奥さんから、「どんな石けんを作るの?」って話になりまして、わたしが作っている(販売しようとしている)石けんの説明を少しさせていただきました。

その話の中で手荒れに困っているパン屋さんの奥さんの話が出てきたんですね。

「手だけでもCMになるぐらいなのに、女性で手荒れがひどいことをとても気にしているのよ。あなたの石けんを教えてあげたら、きっと喜ぶわよ。」と・・・。

石けんは薬ではないので、石けんを使ったからといってこれで治るというわけではないです。ですが、石けんは毎日使うものだから、少しでも刺激の少ないものに変えて、肌への負担を少なくすることは可能だと思うんですね。それがわたしの作った石けんならいいのにな・・・って。

で、「パン屋さんの奥さんをご紹介いただけるなら、製造許可が取れてからサンプルをお渡しするので、一度使ってみてほしいです。」とお話しして、今度、試していただくことになりました。

不動産屋さんの奥さんのように「こういう人がいるよ。」とか教えてもらえると、サンプルを使ってもらって、使用感を確認してもらえることができるんですが、なかなか自分のまわりだけだと、今困っている方に出会うことが少ないんですよね。

それをどうやって伝えていくかについても、これから考えていかないとなあ・・・と思っています。その際には、「わたしが相手の方に何が提供できるか。」も、きちんと伝えられるようにしていきたいとも思っています。伝えることの難しさも感じていますが。

で、考えてばかりいても仕方ないので、工房ができましたら、手作り石けんを一度使ってみたいと思うお客様に「無料のサンプル」をお渡しすることにしました。

工房が完成しましたら、お近くの方はぜひ、お立ち寄りください。

日記

Posted by Settla Green