はじめての手作り石けんもこんなにきれいにできてます。

友人二人が工房に遊びにきたときに作った石けんをカットしました。

ひとりは全くのはじめて。もうひとりは一度作ったことがあるけど、最初から一人で作ったのではなかったため、泡だて器をグルグルまわした記憶しかない、そんなかんじでした。でも、今回は最初からそれぞれ自分で石けんを作ったので、石けんってどうやって作るのか、ようやくわかったそうです。

これから乾燥させていくんですが、その前に記念写真を撮りました。


↑↑↑友人二人がそれぞれ作った石けん。

カット面もなめらか。どちらもきれいな石けんです。

手作り石けんの工程自体は難しいものではなく、しっかり混ぜて生地の状態を見て型入れし、保温するだけなので、はじめてでもちゃんと見ててあげればちゃんと出来上がります。この石けんを作ったときも、わたしは友人の石けんの生地の状態だけを見ていただけで、「型入れできるで。」と合図した以外は、完全にお任せでした。

作り方の説明はしますが、あくまでも自分の作品として最後まで仕上げてほしかったんです。それでちょっとぐらい模様が何か思っていたのと違ったとしても、また今度チャレンジすればいいだけですしね。

今回はひとりは2層の石けん、もうひとりはマーブル模様にしました。「マーブル模様は、あんまり混ぜすぎるとマーブルじゃなくなるで。」って言ったんですけど、ヘラを決して離さず表面をなでなでしていたので、ちょっと微妙なマーブルになりました。でも、本人は使うのを楽しみにして全然気にならないみたいですよ。二人にはカットした石けんの写真をLINEで送っているんですが、「わー美味しそう」と返事があったぐらいです。石けんなんですけど・・・^^

二人とも本当に上手に作っていました。上出来です。

この石けんはこれから乾燥させ、実際に使えるようになるまで1カ月ほどかかります。それまで楽しみに待っていてほしいです。

わたしも友人二人と一緒に石けん作りができて楽しかったです。
そうなんですよ、石けん作りは楽しいんですよ^^