レッスンの前のレッスンを受けたくなるトラウマ

こんにちは、セトラグリーンです。

自分で工房を運営していると、どうしても自分軸がぐらつくときがあります。そんなときに相談できる相手、なりたい自分に向かって進んでいくのを伴走してもらう相手として、コンサルを9月からお願いするんですが、コンサルが始まる前に予備知識がいるのではないかと思って、読書に励んでいます。

というのも以前、インスタに使う写真ぐらいはきれいに撮れるようになりたいと、フォトレッスンを受講したことがあるんですが、申し込んだのがカメラを構えるところから教えてもらえるコースだったので、他の受講生さんもきっと似たり寄ったりのはずだと、買ったばかりのカメラを持ってレッスンに向かったんです。

そしたら、他の受講生さんは構図で撮るところまで一通り理解している状態で、完全な初心者はわたしだけでビビったという経験があり、またそれがトラウマになっていて(笑)、レッスンの前のレッスンをやっておかねばと思ってしまうのです。

9月からのコンサルはグループでするのではなくマンツーマンだし、最初に会っていろいろとお話しをして、この人と一緒に頑張っていきたいと思った方で心配ないとわかっているんです。それでも何にもない状態では不安になります。

トラウマこわっ(笑)

それで『マネジメント』や『メモの魔力』を読んだり、創業塾のセミナー申し込んだりしました。(すでに創業していますけど・・・)

トラウマこわっ(笑)

でもわたしの場合、ちょっと勉強しているぐらいがちょうどいいのかもしれません。
いつものできることをコツコツとの精神で(笑)

今日は最後にお知らせがあります。

11月に催事に出展することが決まりました^^
詳しい内容はわかりましたらまたこちらのブログでご報告します。
ぜひ、見に来てくださいね。

日記

Posted by Settla Green