原点に戻った石けん作り!石けん作りって楽しい^^

土曜日は友人二人が工房に来てくれて、一緒に石けん作りを楽しみました。1人は一度石けんを作ったことがありますが、もう一人は初めての石けん作りで、わたしは石けん作りのお手伝いをしました。

二人とも化学の勉強をしているので、実験で苛性ソーダの取り扱いも大丈夫なので、安心して見守ることができました。石けん作りは難しいものではないので、作り方の説明はきちんと説明しますが、基本的には楽しんで作ることが大切だと思っています。

なので、無地の石けんでも、模様をつけた石けんでも、自分の作りたい石けんを作ればいいと思っていて、それで作った石けんが模様が思ったようなデザインにならなかったとしても、自分が作ったものというのは愛着がわいてくるものなので、ちょっとぐらいいじゃないとも思っています。

毎日それぞれ、頑張って仕事をしているので、楽しい時間を過ごしてもらうことの方が重要で、その点に関しては、二人とも充実した時間を過ごせたようです。わたし自身もすごーーーく楽しい時間を過ごすことができました。


↑↑↑お土産にもらったチーズケーキの感想が、「めっちゃチーズやん!」と関西人らしい^^

石けん作りは自由だ!

二人のうち一人が一度石けんを作ったことがありますが、共同作業だったので全体の流れが把握できなかったというか、混ぜた記憶しか残っていないらしくて、今回はハーフサイズですが、それぞれ自分の石けんを作ったことで、ようやく全体の流れを掴めたそうです(笑)

もう一人のはじめて石けんを作った友人は、精油の扱いもはじめてでした。わたしはこれについてもあんまりいろいろ説明ばかりせず、柑橘系の香りは飛びやすいので、柑橘系だけでブレンドしないこと、香りのノートなど簡単な説明だけをして、あとは香りを嗅いでもらって直感を大切して選んでもらいました。それで選んだブレンドは、フランキンセンス、ゼラニウム、マンダリンの3種類。結構な王道をいきました(笑)
自由に選んでもらってもちゃんとまとまるものです。

石けんのオプションに二人ともクレイを使いたいということだったので、ピンククレイを使い、ひとりはマーブル、もうひとりは2層の石けんにしました。マーブルはあまり混ぜてしまうとマーブルでなくなってしまうのですが、へらを持つと混ぜたくなるのか、思ったよりもゆるーいマーブルとなりまして、モールドに流し込んでいるときは真剣ですが、流し終えたあとには笑いがおこるという、ゆるーーい雰囲気の石けん作りとなりました。

わたしは基本的に手出しはせず、型を流す最後まで自分で仕上げてもらって、わたしは見守ることに徹しました。混ぜ加減や生地の状態は確認しますが、特に問題がなければ、わたしは使い終わった器具を片付けるだけ。

わたしは趣味ではじめた石けん作りを許可を取って仕事にしたので、趣味で作っていたときとは管理の面で全然違います。でも、趣味で作る石けんって、笑いのおこるようなそんなゆるいものでいいと思っているんですよ。手作りを楽しみたい人が、出来上がった石けんの使い心地に満足できたら、ちょっとぐらい不格好な石けんになっても全然構わないんですよ。楽しい時間と出来上がった石けんの使い心地が、そんなのぜーーーんぶカバーしてくれます。

今回、友人と一緒に作ってみて、二人ともすごーーく楽しんでくれて、石けんができあがるのをめっちゃ楽しみにしてくれていて、わたしも最初はそんなんだったなあ・・・と、原点に戻ったかんじでした。

石けん作りが変えたもの

二人と石けんを作ってみて、わたしの石けん作りを振り返ってみました^^

わたしは石けん作りをはじめて5年ほどなんですけど、石けん作りは単に楽しいだけのものでなく、わたしの小さな世界に広がりを見せてくれたものとなったんです。本当に・・・。わたしは、もともと人付き合いが得意ではなかったので、仕事も黙々とするものについてました。なので、すごく狭い世界しか知らなかったんですよ。それが、石けん作りをはじめてから、少しずつ人とのつながりが増え、いろんな人に助けてもらったりしているうちに心の豊さを与えてもらいました。今回来てくれた友人たちもいろいろと協力してくれていて、とても助けられています。

石けん作りをはじめて一番変わったのは、わたし自身なんですよ。わりと内々にこもっていたんですが、外に出て行けるようになりました。以前は大人数が苦手だったんですが、今は集まるタイプにもよりますが、そこそこの人数でも大丈夫^^

わたしにとって石けんは、単に身体をきれいにするモノではなく、人をつなげてくれるモノになりました。何歳になっても繋がりを作ろうと思えば作ることができます。なので、このブログを読んでいただいている方にも、石けん作りでなくていいので、何かひとつ好きなものでつながれる何かを見つけてもらえるといいなあ・・・と思います。

自分自身何か変わるきっかけになるかもしれません。それは大きな変化でなく、自分が受け入れられる小さな変化で全然構わないんですよ。それが、きっと何かプラスになってくれるはずです。

ということで、好きな石けんを作り続けることができるように、
わたしも今日からまた頑張ります。