淡路に移住した人からのいいねもらってメッセージを送る

こんにちは、セトラグリーンです。
今日もハーバーランド煉瓦倉庫でのイベントのお話しです。

煉瓦倉庫からの景色

煉瓦倉庫のイベントは淡路島と神戸をつなぐの初の共同イベントでした。淡路からはアクセサリーや小物のショップさんの他に、淡路への移住の相談窓口「あわじ島に住もう促進協議会」のブースも設置されていました。

促進協議会の方ともお話しすることができて、そのときに「うつりすも」っていう淡路に移住した10組の方のエピソードをまとめた冊子をいただきました。

淡路島に移住した人のエピソードを紹介

移住を決めたきっかけや、その後の生活ぶりが紹介されているんですが、「すんごいいいところだから、みんな淡路においでよ!」みたいな書き方はされていません。淡路に移住した後の生活のこともしっかり計画を立てて移り住んだはずなのに、なかなか上手くいかず厳しい生活が続いた方もいらっしゃいました。

イベントに出店中は冊子を読みながら、インスタの発信もやりながらだったんですが、ハッシュタグに#淡路をつけて投稿したら、さっき読んでいたページのショップさんから「いいね」がついていたんです。

そんな偶然ってあるんですね。

「島のめぐみジェラートのら」さんというお店で2015年に淡路島に移住されています。のらさんのところは、お店がオープンの前に10年かけて貯めたお金が底をついてしまったそうなんですが、その時点でまだ資材の支払いが残っている状態でした。それを1年間アルバイトして乗り切ったと書かれていました。

それで夢だったお店をちゃんとカタチにされて、「よう頑張ったでーー」と思いながら読んでいたんですが、その方からのインスタのいいねだったので、さっき冊子を見てお店のことを知ったこと、いろいろあっても乗り越えていく強さがカッコイイと思ったことをメッセージで送ってしまいました(笑)

いろいろあってもちゃんと乗り越えていける人ってすごいなぁ・・・って思っていて、わたし自身がそうなりたいと思う共感の部分が大きくて、インスタ上で知った方にもメッセージを送らずにはいられません(笑)

で、その後なんですが、のらさんから返信がありまして、冊子を見たお礼と石鹸をぜひ見た見たいので今度行かせてもらいますと書いてありました。いつか来てもらえたらうれしいです。

日記

Posted by Settla Green